フリーローン審査に落ちた体験談から学ぶこと

フリーローンでお金を借りようと思った時に、まず気になるのが審査についてですね。審査に通るか通らないかというのは、フリーローンに申し込む際の最初の壁でもあります。

 

ささいな注意点を見過ごしたために、審査に通らなかったケースがありますので、是非注意したいものです。 

 

様々な審査に通らなかったケースを紹介していきますので、審査前にチェックして同じ轍を踏まないようにしてください。

 

初めてのフリーローン申し込みなのに、審査に通らなかったわけ「嘘申告編」

審査に落ちてしまった私

 

これは私の友人のことですが、初めてのフリーローン申し込みで失敗してしまいました。年収が足りなかったり、生活面で問題があったわけではありません。たった1点、忘れたことがあったのでフリーローンを使えなかったのです。

 

それが、他社からの借入についてのことです。ご存知のように、フリーローンの申請時に必ず確認されるのが

 

「他のキャッシング会社や金融機関からお金を借りているかどうか」

「現在借りている状態であるかどうか」

 

です。これは多重債務や総量規制などの問題にもつながりますから、どのフリーローン会社も非常にシビアにみています。

 

厳しくチェックするということは逆に!

逆にいえば、他社からの借り入れ状況についてはウソの申請をしなければいいということになります。

 

さすがに3か所以上のキャッシング会社から借り入れがあると、新規の申し込みも却下されることがありますが、1件程度で借入額もさほど高額でなければ、2件目の審査は通る可能性が十分あります。

 

友人はその質問に対して「借り入れなし」と返事しました。実際には、キャッシング会社からの借り入れがありました。

 

当然、審査結果は貸付不可。もちろん理由は教えてもらえません。しかし友人は粘りに粘って理由を聞き出しました。

 

絶対にバレる嘘をついてしまった

「他社からの借り入れを正確に申請しなかったから」というのが理由でした。

 

友人はあまりのことの愕然として、そのままフリーローンはあきらめてしまいました。

何故審査に落ちてしまったのかを考えよう!「他社借入編」

他社借入が影響した審査

 

フリーローンに申し込んだ際、何度か審査に落とされてしまいました。

 

どのような部分が駄目で落とされているのかは通知してくれないので、ただ審査落ちしたという情報だけでは改善することができません。

 

冷静になって考えることが必要だと考え、フリーローンの申込みを行った情報を思い出してみました。するとある部分が問題であることに気付いたのです

 

それは借り入れの部分です。

 

実は他社フリーローンを利用してお金を借りていたのです。年収はある程度確保しており勤務年数も審査には全く問題ありませんでしたが、この借入1件が問題となって落とされた可能性が高いと考えました。

 

借りていた額がまだ50万円程度残っていたことがおそらく原因でしょう。

 

これを解消すればフリーローンの審査は確実にクリアできると考えました。年収に対して50万円が大きすぎたと思っていますし、特に銀行は借り入れに関して厳しいらしいです

 

数ヵ月後にこの50万の借金を返済することができました。返済が終わったらすぐにフリーローンに申し込みます。

 

この条件ならフリーローンの審査に問題は起こらないと自信がありました。その自信は現実となり、審査には通過することができました。

 

限度額は下げられてしまいましたけどね!

 

自分で審査落ちした理由を見つけたことが、審査通過への近道だったことをこの時知りました。やはり冷静になって色々考えておくことは必要だと思いましたね。

 

もし審査落ちが繰り返されているようであれば、どうして審査に落ちてしまったのかを考えてみると良いでしょう。核となる原因が分かれば、後はそれに対処するだけで審査はクリアできると思います。

私が体験したフリーローン審査に落ちた理由「複数申込みNG編」

焦って連続申し込みしたばっかりに

 

実はフリーローンの審査に落ちたことがあります。普通に生活をしていればフリーローンの審査に落ちることはありえませんが、私はその時、どこからでも良いのでお金を融資してもらいたく、短期間の内に色々なフリーローンの審査に応募をしたのです。

 

複数に申込むと審査通過できない

インターネットにさえ繋げれれば気軽にフリーローンの申込みができるためにお金を借りる、という重みを実感しないままに次々と申込みをしていたのです。

 

私はその頃、フリーローンや金融についての知識が全く無く、インターネットでフリーローンの審査について調べるという概念も持っていなかったために、一度にこうして沢山の金融機関に借金の申込みをすると不利になるとは思いもしなかったのです。

 

金融機関同士が結託をして、客の借り入れ状況を共有しているとは思わなかったのです。結託というと悪い言い方ではありますが、そもそも金融機関では利用者の借り入れ状況を把握するのはごく普通のことだったのです。

 

お金を借りたいあまりに、

 

  1. 必死になってあのフリーローン会社にも申込み
  2. このフリーローン会社にも申し込み
  3. さっきのフリーローン会社は審査が厳しそうだからついでにここのフリーローン会社にも申し込み
  4. 滑り止めにももう一社にも申込み

 

とやりたい放題していたせいで、どこのフリーローン会社の審査にも落ちてしまいました。

 

しかし、一度落ちてから数年経って再び申込みをすると、すんなりと通過してしまったりもします。

 

そういう訳ですので、数年前に審査に落ちてしまったけれど現在は借り入れをしている金融会社が少ない、という人はもう一度申込みをしてみると、あっけなく通過することがありますので、チャレンジをすると良いでしょう。

フリーローンの審査ポイントを抑えよう

フリーローンの審査ポイント

 

お財布が急にピンチっていう時ありますよね。そんな時に役に立つのがフリーローンですが、利用したくて審査を受けたが落ちてしまったという経験はないでしょうか?

 

審査が通るかどうか不安な気持ちで待ったのに、いざ「今回は…」という連絡がくるとショックです。

 

何が原因で落ちたのか金融機関は教えてくれませんので、自分ではハッキリわかりません。フリーローンの審査基準として考えられることをいくつか抜粋してみます。

 

  • 年収
  • 勤続年数
  • 居住年数
  • 他社借入額及び借入金額
  • ブラックリスト

 

個人の借入、申込情報等は、個人情報機関というところに問い合わせをするとすぐに引き出せます。ここは情報が共有されていて照会することで一目瞭然。

 

いくら安定した収入があっても、職を転々としているとか引っ越しが多い、他社からの借入金が多ければ金融機関からは信用されなくなります。

 

また、過去に返済期限の遅れや滞納などのトラブル(ブラックリストに載っている)がある場合も審査に落ちる大きな原因となります。

 

審査基準を把握したら、おすすめフリーローンをチェック。

 

返済できる人にしかお金は貸してくれません

金融機関も融資したお金が返済してもらえるかどうかを調べ、返済能力があると認めた人にしか融資をしません。これらのことが審査に落ちる原因ではないでしょうか。

 

次に申込する際に注意することとして、誤字脱字がないかを必ず見直してください。個人情報機関にはすべての情報が載っている為、間違った情報を記載してしまうと、金融機関は嘘をついたとして判断してしまいます。

 

それだけで落ちる原因になりますから注意です。審査に落ちたら何が原因だったのか見直し修正するなどしてみましょう。

 

最後になりますが、○○金融機関の審査に落ちたから次は××金融機関の申込をしてみよう等は控えた方がいいでしょう。履歴として残ることを知っていてください。